メッセージ機能の使い方

Doorkeeperでは、送信する内容に応じて受信者をを選択できるメッセージ機能を提供しています。

メッセージの送り方

メッセージを送るには、コミュニティ管理またはイベント管理ページの「メッセージ」を選択します。

コミュニティ管理ページでメッセージを作成する場合、イベントに関連するメッセージを送りたい時などは「イベントに関するメッセージ」を選択、コミュニティに関連するメッセージをコミュニティメンバー全員に送りたい時は「コミュニティに関するメッセージ」を選択します。

イベント管理ページで「メッセージ」を開いた場合は、そのイベントに関するメッセージを送る画面が開きます。

「イベントに関するメッセージ」を送信する場合は、送りたいメッセージの内容に合わせて複数のグループから宛先を選択でき、「コミュニティに関するメッセージ」を選択した場合は、自動的にコミュニティメンバー全員に送信されます。

メッセージの宛先を選択し、メッセージ本文を記入したら「プレビュー」をクリックします。

内容に問題がなければ「メッセージを送信」をクリックします。内容に修正などがあれば「編集」をクリックし、前の画面に戻ります。メッセージを予約送信したい場合には「送信予約」をクリックし、希望の日時を設定します。

なお、メッセージは1件につき1つの宛先にしか送信できません。

同じ内容のメッセージを違う宛先にも送りたい場合は、そのメッセージの「コピー」をクリックし、表示された作成画面で宛先を選択しなおしてメッセージを送信します。

メッセージ機能をこんなふうに活用してみては?

「コミュニティに関するメッセージ」活用例

  • コミュニティの新しいニュースやイベントについて知らせる。
  • イベント開催後にイベントの様子や出席者からの感想などをシェアする。
  • コミュニティのニュースレターを作成し、定期的に送信してみる。

「イベントに関するメッセージ」宛先別の活用例

「イベントに関するメッセージ」の宛先は10種類のグループに分かれています。グループに該当する申込者やコミュニティメンバーが1人以上いる場合のみ、その宛先は表示されます。

イベントに未登録のメンバー(イベントに申し込んでいないコミュニティメンバー)へ
  • イベント申し込み締め切り前に、もう一度イベントの案内をしてみる。
  • 今後の参考に、イベント参加を希望しない理由や興味のあるテーマなどを聞いてみる。
参加者(イベントに申し込みをした方)や支払い済みの参加者(イベント参加費の前払いが完了した方)へ
  • イベント情報に変更や更新などがある時にお知らせする。
  • イベント開催前日に送信されるリマインダーは、イベントを公開すると、イベント開催の前日に参加予定者にリマインドメールが送信されるよう自動で設定されます。必要に応じて、リマインドメールの編集や予約解除をしてください。
未払いの参加者(イベント参加費の前払いを完了いない方)へ
  • 支払いを完了してもらうよう連絡する。キャンセル待ちの人がいる場合、支払い期限を過ぎても支払いがなければ、自動的に申し込みがキャンセルされてしまいます。
出席済みの参加者(イベントに出席した方)へ
  • イベントに来ていただいたお礼の挨拶を送る。そのためにも、イベントの出欠管理を忘れずに。
  • すでに開催が決まっている次のイベントについて案内する。
  • イベントの感想や、今後のイベントへの要望などを聞いてみる。
キャンセル待ち(イベントにキャンセル待ち登録している方)へ
  • イベントが定員オーバーで参加していただけないことへのお詫びメッセージを送る。
  • まだ定員に空きのある他のイベントがあれば案内する。
  • 同じようなイベントが開催される予定がある場合、その旨お知らせする。
キャンセルの全お申込者(イベントの申し込みをキャンセルした方全員)へ
  • 他の開催イベントなどについて案内する。
管理者よりキャンセルされたお申込者(イベント主催者側が何らかの理由により申し込みをキャンセルした方)へ
  • 管理者がキャンセルした理由を説明するメッセージを送る。
  • 他の開催イベントなどについて案内する。
お申込者自身でキャンセルしたお申し込み者(申込者本人が自分でイベントの申し込みをキャンセルした方)へ
  • 今後の参考にキャンセルした理由を聞いてみる。
  • 再度、同じイベントに申し込みをする場合の定員の空き具合、申し込み締め切り日時や、申し込み方法を案内する。
  • 他の開催イベントなどについて案内する。
未払いのためキャンセルされたお申込者 (支払い期限内に参加費を支払わなかったため、自動的にキャンセルとなった方)へ
  • キャンセルされた理由について説明するメッセージを送る。
  • 再度、同じイベントに申し込みをする場合の定員の空き具合、申し込み締め切り日時や、申し込み方法を案内する。
  • 他の開催イベントなどについて案内する。

なお、送信されるメッセージには、下のような、受信者に合わせた内容のリンクが自動的に付加されます。

メッセージ宛先別に付加されるリンクは下記のとおりです。

  • イベントに未登録のメンバーには申し込みリンク
  • イベント参加者にはイベントの詳細とキャンセルリンク
  • 未払いの参加者には支払いリンクとキャンセルリンク
  • 支払い済みの参加者にはイベントの詳細リンク

イベントを主催するにあたって様々な場面でメッセージ機能を使うことで、申込者やコミュニティメンバーとのコミュニケーションを円滑に図ることができます。ぜひご活用ください。

お探しの内容が見つからない場合 お問い合わせ お問い合わせ