QRコードを使って参加者をチェックインするには?

イベント申込者に送られるDoorkeeperのチケットメールには、QRコードが記載されています。イベント当日は、事前登録した携帯端末でこのQRコードをスキャンすることで、参加者の受付や出欠などを簡単に管理できます。

ウェブ・チェックインの方法や紙の参加者リストの利用方法については、こちらを参照してください。

QRコードリーダーがついていれば、どんな端末でもチェックイン端末として使えますが、iPhoneユーザーの方には Doorkeeperのアプリ、Androidユーザーの方にはQuickMarkがおすすめです。

チェックイン端末を登録する

チケットのQRコードをスキャンするチェックイン端末は、イベントごとに事前に登録しておく必要があります。

1. イベントの管理ページで「アプリでチェックイン」をクリックします。

2. 開いたページに表示されたQRコードを、イベント当日に使用したいチェックイン端末でスキャンし、端末を登録します。

iPhoneをチェックイン端末として使用したい場合

DoorkeeperアプリをiPhoneにダウンロードした後、iPhone上でアプリを開き「iPhoneを登録する」をクリックします。カメラが起動しますので、「アプリでチェックイン」ページのQRコードをスキャンします。

下のような画面が表示されれば、端末登録は完了です。

Android携帯をチェックイン端末として使用したい場合

QuickMarkをアンドロイド携帯にダウンロードした後、アプリを開きます。カメラが起動しますので、「アプリでチェックイン」ページのQRコードをスキャンします。

画面に表示されたリンクをクリックし、下のような画面が表示されれば、端末の事前登録が完了です。

3. イベント管理「アプリでチェックイン」ページで、登録した端末が「登録済みチェックイン端末」に表示されていることを確認してください。

チケットをスキャン(読み取り)してチェックイン登録する

1. イベント当日、受付で申込者が提示したチケットメールか、印刷されたチケットに記載されたQRコードを事前登録した端末でスキャンします。

iPhoneでスキャンする場合

スキャンに成功すると「チェックインしました」と端末上に表示されます。また、その参加者の名前とチケットの種類も同時に表示されます。

Android携帯でスキャンする場合

スキャンすると、下のようなリンクが掲載された画面が表示されますので、リンクをクリックします。

下のように「チェックイン成功!」と表示されれば、チェックインは完了です。

2. チェックインが完了すると、イベント管理「参加者」ページの「チェックイン済み」リストが自動的に更新され、参加者の出欠状況を随時確認できます。

お探しの内容が見つからない場合 お問い合わせ お問い合わせ