Stripeの決済機能をアカウントに追加するには?

Stripeとは?

Stripeは、オンライン上で支払い決済ができるサービスです。主催するコミュニティでStripeアカウントを登録しておくと、参加費を前払いするイベント申込者はクレジットカードの情報を入力するだけで簡単に支払いをすることができます。

また、Paypalアカウントを持っていない申込者でも、よりスムーズに参加費を前払いすることができるようになります。

Stripeアカウントとの連携は簡単!

すでにPayPalを設定しているコミュニティでも、Stripeを登録することができます。

Stripeアカウントの登録は、コミュニティ管理ページ「設定」の「支払い」ページで行います。なお、コミュニティにおけるStripeアカウントの設定や変更は、セキュリティ上の理由により、コミュニティオーナーだけが実行することができます。

「支払いの設定」ページの「Stripeアカウントを登録」をクリックします。もし、別のコミュニティですでにStripeをDoorkeeperと連携している場合には、この時点で自動的にそのStripeアカウントが登録されます。

次のページで、再度「Stripeアカウントを登録」をクリックすると、自動的にStripeアカウント登録ページが開きますので、各項目を入力します。

すべての項目を入力したら、ページ下の「Authorize access to this account」をクリックすると、自動的にDoorkeeperのページに戻ります。

すでにStripeアカウントをお持ちの場合は、上記ページの右上に表示される「すでにStripeアカウントをお持ちですか?サインイン」から、Stripeで使用しているメールアドレスとパスワードでサインインすることで、そのアカウントが登録されます。

アカウントの登録が完了したら、もう一度「支払い」ページに戻り、登録したStripeアカウントが表示されているかを確認してください。

シンプルな支払い手順

Stripeアカウントを登録すると、そのコミュニティのイベント申込者は、とても簡単に参加費を前払いすることができます。

申し込み確認ページで「クレジットカードで支払う」をクリックし、

開いた画面で、クレジットカード情報を入力するだけ。

申込者にも便利なStripeをぜひご利用ください。

お探しの内容が見つからない場合 お問い合わせ お問い合わせ