Stripeアカウント作成に必要な項目への回答がわかりません

前払いイベントを開催する時、クレジットカードによる支払いを受け付けるためにはStripeアカウントを作成する必要があります。すでにアカウントを持っている場合には、新たに作成する必要はありません。Stripeアカウントは5分程度で作成することができ、登録が完了したらすぐにイベント参加費の集金を開始することができます。詳しくは こちらを確認してください。

Stripeアカウントを登録する過程で、どのように回答すればいいかがわからないような質問が表示されます。その場合は以下のように回答してください。

コンプライアンスに関して

日本国内でStripeアカウントを作成した場合、改正割賦販売法で定められているコンプライアンスに関する質問に回答する必要があります。Doorkeeper上での決済でのみStripeアカウントを使用している場合には、以下のように回答してください。

クレジットカード情報を保持しますか?

→ いいえ

お客さま、もしくはお客さまの代替をする連結アプリケーション(Connect Standard)は追加的な手段により顧客の本人認証を行なっていますか?

→ いいえ

お客さま、もしくはお客さまの代替をする連結アプリケーション(Connect Standard)における全ての決済において券面認証を行なっていますか?

→ はい

お客さま、もしくはお客さまの代替をする連結アプリケーション(Connect Standard)において不正配送先情報を利用した不正対策を行なっていますか?

→ いいえ

過去5年間に特定商取引法違反もしくは過去に消費者契約法違反による敗訴判決を受けたことがありますか?

→ いいえ(ただし、ユーザー自身の会社あるいは団体が上記いずれの判決も受けたことがない場合)

サービスに関して

サービスURL

→ Doorkeeperで公開しているコミュニティページのURLが自動入力されていますので、そのまま次の項目に進んでください。

その他の項目

上記以外の項目については、それぞれの解釈・説明による記入してください。不明なことなどがある場合には、 Doorkeeperまで連絡してください。

お探しの内容が見つからない場合 お問い合わせ お問い合わせ