QRコードを使って参加者をチェックインするには?

イベント申込者に送られるDoorkeeperのチケットメールには、QRコードが記載されています。イベント当日は、事前登録したスマートフォンでそのQRコードをスキャンすることで、参加者のチェックインができます。

Doorkeeperでは、イベントの運営を手伝う全スタッフがこのページの手順に従ってスマートフォンを登録し、イベント開始までにチケットのスキャンをあらかじめテストすることを推奨しています。チケットをスキャンした後、ウェブチェックイン画面で間違いなくチェックインされているかを確認しておけば、当日の受付で混乱することもありません。

iPhoneでチケットをスキャンする場合

1.  iPhoneのDoorkeeperアプリをダウンロードします。

2. イベント管理ページ「チェックイン」で「アプリでチェックイン」をクリックします。

3. iPhoneでDoorkeeperアプリを開き「iPhoneを登録する」をクリックします。前回開催したイベントでも同じ端末を登録した場合には、「イベントを変更する」をクリックします。

4. カメラが起動したら、「アプリでチェックイン」ページのQRコードをスキャンします。下のような画面が表示されれば、端末登録は完了です。「アプリでチェックイン」ページで、登録した端末が「登録済みチェックイン端末」に表示されていることを確認してください。

5. 「チケットをスキャン」をクリックしてチケットをスキャンできます。チケットをスキャンすると、端末の画面にチェックインした参加者の詳細が表示されます。

*次の参加者のチケットをスキャンする場合は、そのままの画面で連続してスキャンすることができます。画面の「戻る」をクリックする必要はありません。また、しばらくチケットのスキャンをしない場合は、充電が消耗しないようスマートフォンをロックしておくことをおすすめします。

Android携帯でチケットをスキャンする場合

DoorkeeperのQRコードはどのQRコードリーダーのアプリを使ってもスキャンすることができます。ここではQRコードリーダーアプリを使った場合の使い方を紹介しますが、他のQRコードリーダーのアプリでも同じような操作で使うことができます。

1. QRコードリーダーアプリをダウンロードします。

2. イベント管理ページ「チェックイン」で「アプリでチェックイン」をクリックします。

3. QRコードリーダーアプリを開くとカメラが起動しますので、「アプリでチェックイン」ページのQRコードをスキャンします。

4. 画面に表示されたURLをクリックし、案内に従います。登録が完了したというメッセージが表示されれれば、端末の登録は完了です。「アプリでチェックイン」ページで、登録した端末が「登録済みチェックイン端末」に表示されていることを確認してください。

5. QRコードリーダーアプリを開き、チケットに記載されたQRコードをスキャンします。表示されたリンクをクリックすると、参加者のチェックインが完了します。

お探しの内容が見つからない場合 お問い合わせ お問い合わせ