メールアドレスが「メール送信エラー」となっているのは、なぜですか?

「メール送信エラー」が表示される時

Doorkeeperからメールを送信した際に何らかの理由で送信エラーとなったメールアドレスがあった場合、Doorkeeperはそのメールアドレスに対してイベントの告知などに関するメールの配信を停止しています。
送信エラーとなる理由としては、
  • メールアドレスが有効ではない
  • 送信中に、想定外のエラーが発生した
  • 受信者のメールサーバがいっぱいだった
  • 受信者のメールサーバが一時的に無効だった
などが考えられます。
上記の理由などで送信エラーとなり、メール配信が停止状態にあるメールアドレスは画面上で「メール送信エラー」と表示されます。

「メール送信エラー」を表示する理由

一斉配信メールの宛先に送信エラーとなるメールアドレスが多く含まれると、プロバイダーがDoorkeeperから配信されるメールを迷惑メールと判別するようになる恐れがあります。そのため、Doorkeeperではメール配信を停止するという対処方法を採用しています。

「メール送信エラー」が表示された時の対応

メールアドレスが「メール送信エラー」となった場合の対応方法は2通りあります

メール送信テストを実行する

「メール送信エラー」と表示されているメールアドレスが有効であることが確かな場合は、 「メールアドレス」ページで受信できることを確認するテストを実行できます。

ページにある「メール送信テストを実行」をクリックします。送信エラーとなっているメールアドレスに下のようなメールが送信されます。

「メールの受信を確認」をクリックすると、送信エラーの状態が解消されます。

別のメールアドレスを登録する

メール送信テストを実行してもうまくいかない場合や、送信エラーが解消されない場合には「 メールアドレス」ページで別のメールアドレスを追加します。メールアドレスの変更および追加について、詳しくはこちらのページを参照してください。

お探しの内容が見つからない場合 お問い合わせ お問い合わせ