Googleアナリティクスを使うと何ができますか?

Google Analytics(アナリティクス)とは?

Google Analytics(アナリティクス)は、無料のウェブサイトアクセス解析ツールです。ウェブサイトへのアクセス数や訪問者数、どんなユーザーがどのページを何回見ているか、どこからユーザーが流れてきているかなど、様々な項目を調べることができます。

イベントを主催する上で大きな課題である集客をより効果的に行うために、Google Analyticsを活用することができます。なお、スタータープランをご利用のコミュニティでは、DoorkeeperとGoogle Analyticsを連携することはできません。

Google Analyticsの設定方法

Googleアカウントを取得する

Google Analyticsを利用するには、Googleアカウントを取得している必要があります。Googleアカウントを持っていない場合は、 Googleのトップページ右上の「ログイン」をクリック、「アカウントを作成」からアカウントを取得します。

Google Analyticsのトラッキングコードを取得する

Google Analyticsにログインします。次の画面右の「お申し込み」をクリックし、アクセス解析をしたいウェブサイト名やURLなどの必要項目を入力し、「トラッキングIDを取得」をクリックします。

トラッキングIDを取得すると、上のような画面にIDとトラッキングコードが表示されます。

DoorkeeperでGoogle Analyticsを設定する

トラッキングIDとコードを取得したら、Google Analyticsで解析する Doorkeeperコミュニティの管理ページ「設定」の「連携機能」に移ります。

Google Analyticsの欄に取得したGoogle AnalyticsのトラッキングIDを入力して、設定は完了です。

Google Analyticsを使う

ページへの訪問(セッション)数やページビュー数を調べる

Google Analyticsの「ホーム」画面で、アクセス解析したいDoorkeeperコミュニティページの「すべてのウェブサイトのデータ」をクリックします。

「ユーザーサマリー」ページが開きます。ここでは、過去1ヶ月の訪問数(セッション)のほか、ユーザー数やページビュー数、1ページだけしか閲覧されなかった割合(直帰率)などを確認することができます。

グラフの下には、ユーザーの地域や言語、インターネット使用環境などの属性がさらに詳細に表示されています。

また、ページ左上の日付をクリックすることで、アクセス解析をしたい期間を指定することもできます。

どこからユーザーが流れてきているかを調べる

画面左をスクロールし、「集客」から「サマリー」をクリックします。

開いた画面では、Doorkeeperコミュニティページを閲覧したユーザーがどこから来ているのか(流動元)が、円グラフと折れ線グラフで表示されています。

グラフ下の表にある各項目をクリックすることで、より詳しく流動元を知ることができます。

流動元の内訳は以下のとおりです。

  • Organic Search:GoogleやYahooなどでの検索
  • Social:FacebookやTwitterなどのソーシャルメディア
  • Referral:Social以外のブログやその他のサイト
  • Direct:ブックマークやメールマガジンのほか、URLの直接入力

上記以外にも、目的に応じた方法でGoogle Analyticsを使えば、主催するDoorkeeperコミュニティページへのアクセス数増加やイベントの集客に役立つデータを集めることができます。上手に活用してみましょう。

お探しの内容が見つからない場合 お問い合わせ お問い合わせ